阿蘇の文化的景観 阿蘇北外輪山中央部の草原景観
あそのぶんかてきけいかん あそきたがいりんざんちゅうおうぶのそうげんけいかん

文化的景観の紹介

阿蘇地域は過去数回にわたる大規模火山活動により東西約18km、南北約24kmに及ぶ世界屈指のカルデラが形成されました。平安期の「延喜式」には既にこの地域で草原と人の関わりを示す記述があり、人々は焦土となった阿蘇の台地を、草原から得られる草肥と長い年月を費やして豊かな水田へと転換してきました。 カルデラ上部に広がる広大な草原(資源)の恩恵を平等に享受するために上部の草原と、陥没カルデラ底部の耕地を結ぶ形で「耕地-集落-森林-草原」という垂直的な土地利用(集落域の配置)が生まれ、環境に合わせた地域文化の積み重ねにより、阿蘇地域の文化的景観が形作られてきました。

そのような阿蘇カルデラ北部に位置する阿蘇市には、阿蘇谷の平地及び中央火口丘北斜面、北外輪山及びその斜面が含まれます。歴史的に平地は居住地及び耕作地、斜面は林地、中央火口丘・外輪山上は草地として利用されてきました。阿蘇地方の外輪山の典型的な草地景観が広がります。

基本情報

所在地 熊本県阿蘇市
選定年月日 平成29年10月13日
選定基準 (二)茅野・牧野などの採草・放牧に関する景観地選定基準の詳細はこちら

地図

フォトギャラリー

外輪山上の草原から見たカルデラ内の集落
北外輪山草原に放牧された牛

お問い合わせ情報

担当課 阿蘇市教育部 教育課 社会教育係
住所 〒869-2695 熊本県阿蘇市一の宮町宮地504番地1
電話番号 0967-22-3229
関連サイトURL http://www.asosekaibunkaisan.com/property/landscapes/icl/
アクセス